今回のテーマは【風俗で会話をするときには流れが一番大切】!

2018/1/24

風俗で会話をするときには流れが一番大切

会って抜いて終わり…そんなピンサロみたいなモンじゃない!
風俗に行くときに何が肝心か、というとやはり会話をするということなのではないかと思います。
どうしても出会った後プレイが始まる前は少し会話をして女性側もこちらも緊張をほぐす必要があります。
そんな時に一番重視すべきは、会話の流れなのです。

風俗での会話のネタはそこまで必要ではない?

風俗で会話のネタが尽きた、話すことがなくなってしまう等という不安を抱えている人が多いかもしれません。
しかし、トーク自慢の芸能人でもない限り普通の人間は50個も100個も会話のネタを抱えているということは少ないのではないかと思います。
そしてもちろん風俗に行くのに何個も何個も会話のネタを持っておく必要はないのです。
ただ、一つ深くまで話すことができる自分の持ちネタを用意しておけばよいというわけなのです。
風俗は通常のプレイなら1時間から2時間程度でプレイは終了します。
そのためあまりに下手なことを言わない限りはお互いに緊張を解すための会話の時間は5分10分程度でよいということになります。
とはいえ、そんな5分10分の会話ですら女性側から話しかけてくれるということがほとんどなので、会話のネタは万が一の際に取っておけばよいといえるでしょう。

会話のキャッチボールが大切

いくら会話のネタが必要ではないといっても、楽しく女性とプレイ前に会話を交わすためには会話の流れを断ち切らず、キャッチボールを行うように会話を続けていくことが大切です。
風俗に限ったことではありませんが、会話では流れるように、キャッチボールを行うように会話を行うことが大切になります。
会話というのはどちらか一方がしゃべり続けるだけでは喋っているほうが疲れてしまいますし、反応されないと会話を行うこともできません。
とにかく相槌を打ちやすい話題を会話で交わすことが大切であるといえます。
そこで風俗では誰もが相槌を打ちやすい話題を用意しておくことが大切になります。
たとえば、自分の時代には○○が流行してね・・・だとかいう昔の今でも残っているようなものでもいいでしょうし、若い女性でも知ってそうなドラ○エなどといったゲームの話題でもよいでしょう。
誰でもうっすらと聞いたことがある話なら、しっかりと相槌も打ちやすいし、それに関してしっかりと深く知っていれば話を続けることもできるのではないかとおもいます。

会話をとにかく途切れさせないことが大切

風俗のはじめの会話で気まずい雰囲気にならないためには、会話をとにかく途切れさせないことが大切です。
ただし、この会話を途切れさせることはご法度だ、と考えるあまりに無理やり話の続かない会話を行ってしまったり、自分だけしか知らないというようなマニアックな話に移行してしまうと女性からすると相槌を打つことしかできずに、印象がいまいちな客、として認識されてしまいかねません。
確かに会話を続けることは盛り上がるうえで大切なことではありますが、深い話を一方的にして自慢話のようになってしまえば元も子もありません。
そのため会話は深く掘り下げても、一般の人が知っている程度までにしておいたほうが良い。
もしこれ以上会話が続かないな、深くなりすぎるな、と感じたらプレイ内容に会話を移したり、女性の容姿を褒めたりするほうがよいといえるでしょう。
風俗での会話は、浅く広くというのが原則であるということを忘れなければ、比較的すぐ打ち解けることができるでしょう。

PICK UP 手コキ店 | 当サイト、一押しの手コキオススメ店