今回のテーマは【手コキ風俗であるM性感のMってSMのM?】!

2017/11/24

手コキ風俗であるM性感は、結局SMなのか?

M性感がいくらMな男性専門の風俗ではないとはいえ、文字にMと含まれているためどのくらい攻められるのかわからなくて不安という人も多いのではないのだろうか。いや!実際に M性感で行われるのは普通の人でも楽しめる程度のソフトSMだと言うことを知ってほしいだけなんだ。

M性感という風俗は、「女性に任せて気持ちよくしてもらう」もの

M性感は風俗エステとSMクラブの中間点だ、と説明した店があるように、

その通りのプレイをM性感では受けることが可能である。

Mと聞くと調教のようなものだったり、主従関係を想像してしまいがちだが、

実際のM性感では女性に全部まかせてしまうというイメージに近いとは思う。。

基本的にお店がプレイ内容やコースを決めているということが多く、

自分であれこれ注文しなくても体感することができるプレイというのは

初心者でも安心のソフトな攻め方が中心のプレイが多いんだぜ

それこそ代表的なのは寸止めだったり、言葉攻めだったりと、

普通の風俗で行うよりもちょっと過激と考えておく程度で問題なし。

反対に自分で注文してソフトよりもちょっとハードよりのプレイを楽しむことも可能なんだ。

ペニスバンドなどを使用して後ろからがつがつ犯される、なんて体験も可能だけど…

この俺でもまだそこまでは行ってないな。(笑)

とにかくまあ、「アレはダメ」「コレが無い」とかで考えるんじゃなく、

普通の風俗じゃ味わえないプレイ、普通じゃない快感を楽しむのがM性感てもんだよ。

自分のM度に合ったプレイを選択しよう

いくらM性感でとことん責められたいと思っていても、自分自身がドSよりであり、

あまり女性にとことん責められるのが得意ではないという場合にはどれだけ快感を与えられても

M度が強いプレイでは満足できないということも多いだろうさ。

そのためしっかりと自分がどの程度のMなプレイなら楽しむことができるのかを把握しておくことが大切なんだぜ。

初めてM性感に行く場合などは 店側が基本プレイとして用意しているプレイを体験 するだけでも全然いい。

それで満足がいくようならM度はそこまで高くないということだけども、

もっといじめられたいと思ったら次のプレイの時にそうお願いすれば

女性は基本的にノリノリでこちらを攻めてくれるだろうよ。

ちょっとまずいのは「そこまでやらなくていい!」と思うようなプレイを女性が行ってしまうこと。

その場合って、女性は「よかれと思って」なわけだし、ちゃんと意思表示もすべきだし、

サービスに慣れている人気の女性なら、たいてい「○○してみよっか?」「○○好き?」なんて

ちゃんと客の好みや要望を確認しながらプレイを進めてくれるはずだ。

もっと優しくやってほしかった…なんてプレイ終了後に後悔してしまっては

せっかくお金を出してM性感に行った意味がないからな。

はじめは優しく、徐々に自分が満足できるプレイまで深く追求していくのをお勧めするぞ。

プレイには大きく、ち〇こ系とアナル系の二種類がある

M性感で基本的に用意されているのはトコトンち〇こを責められての連続射精だったり、

強制的に寸止めを繰り返されたりするち〇こ系のプレイと、

前立腺の刺激によってドライオーガズムを手に入れたり、

アナル自体の開発を行って指やペニスバンドでがつがつ犯されるアナル系のプレイの二つが存在しているぞ。

M性感に行ったからと言って必ずアナルを攻められなければいけないわけでは無いから、

自分の性癖に合わせてプレイを選択する、あるいは、徐々にレベルを上げていくことが大切
なんだ。

また、このプレイの中で一番ソフトなプレイが寸止めプレイで、連続射精、ドライオーガズム、ペニスバンドの順にレベルが上がっていく。

結局のところ風俗なんだから、自分が快感を手に入れられるかどうか、気持ちいいかどうかが一番重要なんだぜ。

自分の快楽の限度をしっかりと理解していけば、ぎりぎりの受け身の快楽を手に入れることができるぞ!

PICK UP 手コキ店 | 当サイト、一押しの手コキオススメ店