今回のテーマは【毎回ほぼ奴隷になった感覚でサービスを受けております】!

2017/8/1

毎回ほぼ奴隷になった感覚でサービスを受けております

セラピストさまに対しては常に尊敬の念を抱いているわたくし本田。

エステ性感においてサービスを受ける男性がセラピストさまに対して横柄な態度を取ることは御法度だとわたくし本田は考えております。

なぜならば身体のなかでも特にデリケートなオシリの穴、そして更に奥の前立腺や腸内を触っていただくわけですから、 セラピストさまの気分を害してしまうなんて自分自身の首を絞めているようなモノなのでございます。 お金を支払っている男性側が偉いという考え方はとても危険ですので、本当に無くしたほうが良いとわたくし本田は考えております。 そういった思考の男性はエステ性感ではなく、SMクラブをご利用されたほうが絶対にオススメでござ…あ、ごわす。

若いころは顔か胸か年齢かで安易に決めていた

今のように事の前に余裕を持つと言うのが全くできなかった若いころ…、風俗のお店を紹介している雑誌を見ても、お店に着いてパネルを見ても見る部分はだいたい決まっていたんですよ。 顔が可愛いのか、そうじゃ無ければ巨乳かどうか、それでも決心がつかない時はとりあえず一番若い子。それだけ。ホントにそれだけしか頭になかった。 その安易さゆえに何度も何度も『あ~、これなら今日は辞めておけばよかった』と後悔しました。それはつい最近までありましたよ。 その幼稚さを捨てるためには一度思い切ったことをしなければいけません。それは意外にもそこら辺にヒントが転がっていたんですね。

人気のあるセラピストさんよりも職人クラスの熟女さま

女性の趣味に関しましては、どちらかというと幼い感じのルックスをされているアイドルさんが好みの本田でございます。 性感エステをご利用させていただく際も、当初は可愛いセラピストさんからサービスを受けたいという気持ちが強かったのは事実でございます。 しかし、わたくし本田はスタッフさまに貴重なアドバイスをいただいたのでございます。 その時のアドバイスとは(究極の性感エステ体験がしたいのであれば、ルックスよりもテクニック重視でセラピストをお選び下さい)というスタッフさまからのお言葉でした

スタッフさまのアドバイスは信じて損はございません

なんでも素直に信じてしまうタイプのわたくし本田は、スタッフさまのアドバイスに従いました。 スグにご案内が可能だったベテランのセラピストさま。 ルックスは…、お世辞にも美女とは言えませんでしたが、愛嬌のあるお姉さまと言った雰囲気の女性でござんした。 しかし、こんなわたくし本田に対しても丁寧な優しさと愛情で対応して下さったベテランのセラピストさま。 最初から最後まで完全受け身の状態でサービスを味わったのですが、あの方にしていただいた前立腺マッサージが今のわたくし本田を作り上げているといっても過言ではございません。 人生観を変えてしまうような性感エステ体験。 究極のエクスタシーを味わってしまったわたくし本田。 これまで自分がやってきたオナニーは何だったんだろうと思ってしまうほど、手コキのテクニックも素晴らしかったのでございます。

PICK UP 手コキ店 | 当サイト、一押しの手コキオススメ店