今回のテーマは【時間をかけてしっかりとM性感の良さを体感する】!

2017/7/9

時間をかけてしっかりとM性感の良さを体感する

M性感というのは少しコアなサービスが主体の風俗ですから 時間をかけてゆっくりと体を開発され、M性感の良さをしっかりと感じるまで 多少なりと時間がかかるという事が多いです。通うたびに何度も快感を増幅させることが出来るんですよ。

まずは前立腺を開発してみる

アナルなんて興味が無い、ゲイじゃないなんて思っている人も、食わず嫌いはちょっと待った。アナルの中、少し入ったところ、お腹側に前立腺という男にしか存在しない性感帯が存在しているのを知っているでしょうか。

この前立腺は男のGスポットといわれるほどの強烈な快感を生み出してくれる場所。始めはアナルの中に指や器具が挿入されたという違和感が勝るかもしれませんが、前立腺をしっかりと刺激されることで違和感がだんだんと快感に塗り替わっていくのです。

頭の中を電流が走るような気持ちよさがピリピリと現れ、ペニスの刺激では感じたことが無かったような強烈な快感を手に入れることが出来るんです。前立腺を極限まで開発すれば、ドライオーガズムを体感することが出来るようになります。極限までの快感、手に入れてみませんか?

前立腺を開発してドライオーガズムを体感する

前立腺を究極まで開発した後は、ドライオーガズムを体感できるように開発して行ってくれます。ドライオーガズムは男が感じることが出来る限界の快楽。強烈な快感でその感覚は射精の100倍以上の快感を生み出します。br />
射精とは比べ物にならないくらいの快感手に入れるためには、前立腺をしっかりと開発することが大切なのです。1度や2度の前立腺の刺激では中々感じることが出来なかったのですが、5度目にプレイを行った時くらいから、前立腺を責められるのと同時にアナルがきゅうっと締まるような感覚に襲われて、 あとは身体が自然にガクガクするような感覚を感じられるようになりました。

頭が真っ白になって、ものすごい快感が頭の中を襲います。そんな感覚に陥った体験を何度か繰り返した後、ぐりぐりと前立腺を擦られたときにものすごい快感が頭の中を走り、とうとうドライオーガズムを経験することが出来たのです。

実に7回目のプレイの時の事でした。ようやく体験することが出来たドライオーガズムですが、正直初めて体験した時は記憶が飛んでしまったほど気持ちよかったです。

前立腺の後はアナルを開発する

前立腺を開発しきった後には、基本的にアナルに指や器具などを挿入しても違和感が無くなっているという事が多いので、アナルの開発を行っていくという人が多いらしく、僕も漏れなくそのコースを体感してきました。

前立腺を刺激されるのではなく、アナルの入り口を解されて、初めは綿棒から、ゆっくりと太いものに変えて挿入されていくのです。 女性気分で犯されるような感覚は普通の風俗では絶対に体感することが出来ないので、初めは違和感が大きいですが、徐々に抵抗がなくなってくるんです。

アナルパールやアナルスティック、ピンクローターなどを挿入されて、振動がアナルに伝わってくるとアナルが震え、前立腺に刺激が来るので快感が増幅されてくるんです。

バイブに慣れてくると女性がペニスバンドという器具を取り付けて後ろからパンパンと犯されるという体験も可能なんですよ。女性に犯されるという経験を開発されて楽しんでみてはどうでしょうか

PICK UP 手コキ店 | 当サイト、一押しの手コキオススメ店