今回のテーマは【オナクラは今一番日本人のニーズに合った風俗?成り立ちをまとめてみた】!

2016/12/12

オナクラは今一番日本人のニーズに合った風俗?成り立ちをまとめてみた

オナクラコラム

オナクラと聞くと、
客は皆Mっ気を持っているだとか、
変に想像してしまうことが多いかもしれませんが、
そんなことないんです。

オナクラが今一番
世情に合っているお店なんですよ!

オナクラの歴史とは?

オナクラというのは元々そんなに
深い歴史を持っている風俗ではありません。
元々かなり限定的なマニア向けの
お店とした風俗がオナクラなんです。

一説には、2000年頃に
大阪で発祥したと言われています。
まだまだ出来て10年とちょっとの、
歴史の浅いジャンルなんですよ。

オナクラというのは元々オナニークラブ、
お客さんが女性の前でオナニーを
見てもらうという隠れ家的な
存在のお店だったわけです。

別にオナニーは家でも出来るけれど、
出来るなら見てもらいたいという
露出好きの男性をターゲットにしたお店なわけです。
まぁ出来るならオナニーは出来るだけ
豪華な方がいいとは思うと思いますが、
生身の女性の前でシコシコとオナニーが
出来る人というのは変態ですよね(笑)

夏場になるとコートに裸
なんて人も出没するように、
そんな感じの欲求を満たすための
マニアックなお店だったんです。

しかし、オナクラなら合法で
露出が出来るというわけで、
一部の男性からウケてきたわけです。
さらに、副産物として女性は何もせずに
男性のオナニーを見るだけでお金が、
しかも普通のバイトよりも
割がイイという事でお店が可愛い子を
全然選び放題だったわけです。

女性が殺到する、
さらに男性も可愛い女性の前でオナニーが出来る
という事で火がついたオナクラは、
他のお店も真似し始め、
全国的にオナクラが広がったと考えられています。

オナクラとビデオボックス店の融合

風俗で遊ぶ男性にしてみれば、
可愛い女性が居て、
その前で気持ちいいことが出来るという事で
話題にはなったものの、
やっぱり風俗に行くのに自分の手で
オナニーをして見せるのは
抵抗があるという人が多かったり、
風俗的なサービスが無いのに行くのは…と
しり込みしてしまうことが増えてきたのです。

そこでオナクラに追加されたのが
手コキのサービスになります。
その頃はビデオボックス店という
お店が流行っていて、
AVを見ていると手コキをしてくれる
女性が来てくれるというサービスです。

現在ではビデオボックス店というのは
ほとんどありませんが、そのほとんどが
オナクラとほぼ併合されたと
考えてもらえればいいと思います。

誕生当時はただ見せつけるだけのオナクラが、
手コキのサービスを追加することで
ある程度普通の男性でも抵抗なく
手軽に抜けるお店として定着してきたのが
現在のオナクラになります。

中にはヘルスの別窓口として
経営されているオナクラも多いですから、
単純なオナクラを楽しみたいと考えてるのなら
老舗のオナクラ店を選ぶとよいと思います。

オナクラの需要とは

こんなソフトサービスで
ライトなサービスなのに
どうして今でも流行っているのかというと、
それはやっぱり最近の男性の
草食系化が原因だと思います。

セックスするのが面倒だ、
女性に対して積極的にプレイを行うのが面倒だ、
と考えている男性が増えてきたことで、
オナニーだけで性欲処理は事足りると
考えている人が増えてきたからです。

所謂草食系男子はMっ気が強いのですが、
本人たちは自覚していません。
Sっ気が強い男性だとただ手コキをされるだけでは
妄想が追いつかずに満足することが出来ないんですね。

オナクラではある程度の背徳感を楽しめる度量と、
感受性が大切になっている風俗です。
セックスしたいのに、押し倒したいのにできない。
可愛い素人の女性に手コキされて
気持ちよくなってしまう自分に
背徳感を感じて射精してしまうわけです。
その倒錯を楽しむためにオナクラが存在する訳です。

また、風俗慣れしていない男性向けの
風俗の登竜門としてもオナクラは一役買っています。
なるべく安く風俗の雰囲気を体験して、
そして失敗したくないと
考えている男性にとっては、
オナクラはいい練習になるというわけなんです。
オナクラは今の現在の
世相に合っているお店なんですよ。

PICK UP 手コキ店 | 当サイト、一押しの手コキオススメ店